カテゴリ:Husband( 28 )

イクメン

(すみません、今回はのろけ話です。不快に感じる方はご遠慮頂ければ幸いです。)

日本では、育児を積極的にしてくれる男性をイクメンと呼ぶようです。

そしたら、うちの旦那は間違いなくイクメンです。

仕事から帰ってきても、疲れているだろうにすぐに娘の面倒を見てくれます。平日の昼間も私が育児でアップアップの際には、ランチの時間に帰宅して(幸いうちは旦那の職場に近いので)様子をみてくれます。私の愚痴も聞いてくれますし、週末には僕が娘の面倒をみるから外に出て気分転換でもしてくればと言ってくれます。

こうやって色々やってくれますが、決して俺がやってあげている、感謝してくれという態度では全くなくそれが当然という風にやってくれて、私が「ありがとう」と言う度に「なんで?」と言ってくれます。

彼のサポートがなかったら、絶対私はこの3週間弱やってられなかったと思います。

だから、誰の助けも借りずに育児を全部一人でやっているママさんたち、そして、子供が一人ではなくて数人いる場合でも全てを一人でこなしてしまうママさんたちを本当に尊敬します。

そして、旦那にすごく感謝しています。来月一緒になってから、かれこれ9年目。この9年のうち、多分、今、一番、彼に感謝しています。

PS3で数時間もゲームをしている彼に腹が立つこともありますが、でも、お酒は飲まないし(というよりも飲めなくなった)もちろん暴力も振るわないし、女遊びもしないし、ギャンブルもしない、それでいて育児もちゃんと手伝ってくれる。最高の旦那です。

ほんと、心の底から彼に感謝しています。
[PR]
by Fooey | 2011-12-11 15:43 | Husband

旦那の誕生日

今日は、旦那の35歳の誕生日でした。

約1ヶ月前ぐらいに、旦那の誕生日には、Quayでお祝いしようと決めていて、彼にこのレストランの予約をお願いしていました。

確か、昨年のMaster Chefで紹介されたデザートSnow eggで一段と有名になったこのレストラン。それ以来、予約がとても難しいと聞いていましたが、旦那からは予約できたよとということでしたので、今日を楽しみにしていました。

Quayは、私たち夫婦にとっても記念の場所。6年前の9月18日にこのレストランで小さなレセプションを行いました。籍は日本で入れてきましたが、結婚式はシドニーで行い、6年前にここでレセプションを行って以来、一度も訪れていませんでした。あと、1が月ちょっとで子供も生まれてくるので、その前に素敵な場所で、食事するのもいいなと思っていました。

が、午後に旦那から電話がかかってきて、「今晩の件だけど、予約が取れてなかったみたい」と言ってきました。旦那によると、お店が開いてからすぐに電話して予約を入れたんだけど、きっと、その人が僕の名前をちゃんと予約にいれてなかったんだろうねということでした。Quayというある程度ちゃんとした場所だから、そういうところはしっかりしているのかなと思っていましたが、甘かった。ちゃんと、再確認すればよかったと後悔先にたたずです。いちよ、文句は言ってみたものも、なんと来年1月まで毎日びっしりと予約が入っているということで、どうすることもできませんでした。

「じゃぁ、今晩、何をしたいの?他の場所にも行ってみる?」と彼に聞くと、彼のリクエストは、「う~ん、うちでピザでも頼もうか?」という答え。久しぶりに素敵な場所で食事ができると思っていましたが、結局、うちで宅配ピザを頼んで、テレビをみながら完食。その後、彼は、PS3でゲームをして、就寝でした。これじゃぁ、いつもと全然変わらないじゃんと私は不満でしたが、でも、今日が主人公の旦那は、満足な様子だったので、何も言えませんでした。とにかく、お誕生日、おめでとうです。
[PR]
by Fooey | 2011-09-27 07:36 | Husband

いびき

手前味噌で申し訳ないのですが、私の主人は、煙草も吸わないし、ギャンブルもしないし、最近は年齢のせいかお酒の量もグッと減り、仕事もちゃんとしているし、何よりもアップダウンが激しい&我がままな私の扱いを心得ている素晴らしい彼ですが、一緒に暮らしていて、どうしても我慢ができないのが彼のいびき。

付き合った当初は、ほとんどいびきなんてかかなかった彼ですが、ここ数年、体重の増加に合わせて(?)、いびきもかくようになりました。

耳栓をしたり、枕で耳をふさいだり、いびきを止められる?ような薬を買ってみたり、できるだけ我慢もしてみましたが、全然効果なし。体重減少がいびきにも効果ありと聞いたのですが、現実、彼の体重も減らないし。なかなか眠れない私がすごくイライラしているのをよそに、ベッドに入ったら、5秒で眠れる彼はすやすやといびきをかきながら睡眠中。最近は、別の部屋で寝てもらうようにしています。

もし、いびきが止められる秘訣があれば、是非、教えてもらいたいものです。


ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by Fooey | 2010-11-30 17:57 | Husband

彼のストレス発散方法

普段は、夜遅くまで起きれないと言って、11時前後には寝てしまう旦那ですが、今朝、起きてみると、「昨日は夜中の2時まで起きていたんだよ」とうれしそうに言ってきました。

そういえば、昨晩は、いつも彼の方が先に寝るのに、ちょっと、テレビを見ると言って、結局、私の方が先に寝ていました。

で、いつも夜遅くまで起きれないと言っている彼が、夜中の2時まで起きて何をしていたのかというと、これ。

a0074328_831484.jpg


プレイステーション。

「あの難しいステージをクリアーしたんだよね」とむちゃくちゃ誇らしげに呟いています。それも、週末の朝、起きて、一番に向かったのがソファーでプレイステーションを早速開始。「夢にも出てきたんだよね。」と。

a0074328_8333680.jpg


「でもね、このステージも難しいんだよな、どういう戦略でこれを殺せるんだろう」 とコントローラーで連射している彼。それも、すごい真剣に。

彼のこのゲームに対する情熱をもっと他のこと使えたらどんなに良いんだろうと思ってしまいます。でも、これが彼のストレス発散方法なので、ほっといておきます。彼の機嫌が悪い時も、週末に数時間、プレイステーションで遊んだ後は、機嫌もだいぶ改善しているので。

それにしても、そんなにコントローラで「これでもか!!」と連射しまくって、「指とか痛くならないの?」と心配して聞いたら、彼の答えは、「Why?」の一言。心配は、無用のようです。


ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ

[PR]
by Fooey | 2010-11-06 08:35 | Husband

自己ベスト


a0074328_23341414.jpg

実は、今日は、私たちの結婚記念日。

ちょうど、7年前の今日、旦那と付き合い始めて、5年前に入籍しました。

もう、そんなに時が過ぎてしまったんだなとしみじみ思います。

一緒に住んでいれば、ちょっと素敵なレストランでお食事をということになりますが、離れて住んでいますので、そういうこともできませんでしたが、お花とメッセージを旦那から送ってもらいました。

人生33年間、何事もあんまり長続きしなかった自分が、旦那との付き合いが7年続いているのは、自己ベスト。今後、どうなるかはわかりませんが、引き続き、自己最高記録を更新できればと思います。
[PR]
by fooey | 2010-01-22 23:24 | Husband

次のステップ

前々から、MBAの勉強が終わってから、ちょっと休んで、できればPhDもやってみたいという旦那が、今日、そのsupervisorとなるべき教授との面接がありました。

なんでも、PhDを始めるには、自分の研究したいテーマの提案書を持って、教授と面接し、その結果次第で入学許可が許されるそうで、すごい突っ込んだこととか質問されたらどうしようと緊張していました。

で、どうだった?と聞くと、教授はいい人そうだったし、僕の研究テーマを受け入れてくれて、多分、次のセメスターから、正式なオファーを出してくれそうと言っていました。色々と参考になる文献も教えてもらったみたいで、来週もまたこの教授と会うそうです。

彼の夢は、できれば、そのうち大学で教鞭を取ること。そのためには、博士号が必要です。もちろん、フルタイムの仕事をしながらのPhDなので、博士号を取得するには少なくとも5年はかかることなので、ほんと長い道のりになりそうです。でも、目標を持って、それを達成するために頑張ることは、素晴らしいことだと思うので、私もできる限りサポートしていきたいと思ってます。

そして、私の勉強も、このセメスターで終わります。今回の科目は、Business Finance & Credit Analysisで、個人的にはこのトピックが好きなので、前回の必修科目の統計学と比べたら楽しんでやれます。この足かけ2年の勉強も、いちよピリオドです。とにかく、この科目をパスして、確実にMA in Applied Financeを取得して、次のチャレンジを考えていこうと思います。
[PR]
by fooey | 2009-06-26 23:00 | Husband

英語

旦那は、時々、私の英語の誤りを指摘してくれます。些細なことも入れていたらきっとずっと私の英語の間違いを指摘し続けていけないと思うんですが、でも、意思疎通はできるので、彼が私の間違いを指摘する際には、全然的外れなことを言っているとき。

今回は、足の親指。日本語は、足の親指も手の親指も区別しないところから来ていると思うのですが、足の親指が痛いと言いたくて、足の親指のことを、thumbと普通に言ってしまいました。正しくは、big toeなんですが、、

なんか、こんな時に、なんか、ほんと自分は何年英語を勉強しているのかなと情けなくなってきます。オーストラリアとイギリスに1年づつ留学、シドニーで2年半働き、海外在住歴5年弱、今でも仕事はほとんど英語なのに何やっているんだろうと落ち込みます。

そして、それと同時に私は、彼の英語の能力を貶めているのかなとも思ってしまいます。もし、彼が私ではなくて、普通のネィティブなオージーと一緒にいたら、もっと機知に富んでいて、洗練な会話を楽しめて、たまにはちょっとした政治や経済のことを議論できたはずなのに、それを私のつたない英語力のためにそういう機会が奪われているかもしれないと、彼も私の拙い英語力に合せるために彼の英語力も落ちているのではないかと、、、そう思うとほんと申し訳ないし、凹んでしまいます。
[PR]
by fooey | 2009-06-16 21:36 | Husband

シドニーに戻る

今晩から旦那が日本に約1週間滞在します。

こうやって別々に暮らし始めてから1年ちょっと、最初は大変でしたが、今は結構それにも慣れてきました。
でも、慣れたからと言っても、やっぱり可能な限りは、一緒に暮らしたいです。

5月にシドニーに戻ったときにも、元同僚から、
「夫婦は一緒にいるもの、長く別々に暮らしていると、逃げられてしまうよ!!」と

もし、可能であれば、私も旦那も数年日本に暮らしたいのですが、夢ばっかりも言っていられず、現実に仕事の状況等を考えるとやはり、私がシドニーに戻る可能性が高いです。旦那は、Phdも勉強したいようなので、それも考えると、やはりオーストラリアと言うことになります。


が、シドニーに戻ることで一番の問題が、就職です。

絶対、為替の影響もあって、今、日本で貰っているお給料と同じぐらいの水準のお給料を貰うことは不可能ですし、とそんな悠長なことを言っているよりも、この不況の中で仕事が得られるのか?というのが問題です。

先日も失業率がどんどんと上がっているようで、この雇用の悪化状況で就職活動は、厳しい。それに、先月のシドニー滞在の際に、雇用状況を確認しようとあるエージェントの方とお話をしたら、今の状況は”最悪”と念を押されてしまいました。

私にとっては、仕事がないと、もちろん、経済的にもつらいが、精神的にもつらいです。すごく、熱中できる趣味があれば、それに没頭すればいいものですが、それもありません。シドニーに戻ったとしても、仕事も何もなかったら、何をしていいのか、、、

それを考えるとどうしても腰が引けてしまいますが、でも、やっぱり一緒に暮らしたいし、、、



一緒に暮らすために、今日、明日に今の仕事を辞めて、シドニーに戻るということはありませんが、問題解決に向けて何かやっていこうと思っています。
[PR]
by fooey | 2009-06-12 18:54 | Husband

名前

昨晩、友人のカップルと食事をしていた時、旦那が私のことを私の名前を呼びました。

その瞬間、あっ、この人でも私の名前を呼ぶんだと思ってしまいました。思えば、旦那が私の名前を呼ぶことって結構数が限られているような気がします。じゃぁ、ふと、普段、彼は私のことをなんて呼んでいるのかなと思いましたが、これが、思いつきません。

日本のように、「おい」とか呼ばれるわけでもないし、だからと言ってDarling とか、Dearとか、そんな風に呼んでくれることも全くないし、、、ほんと彼はどうやって私のことを呼んでくれるのかな???

私自身は、彼の名前をよく使いますが、でも、彼が私の名前を使うことはやっぱり少ないような、、、だったら、彼はなんて私のことを呼んでくれるのか、、、

仕事から帰って来た彼に聞くと、彼の答は、「I don't know」

って、、、

( ̄□ ̄;)!!


これって、夫婦としてどうなんだろうか?と思った瞬間でした。世間一般の夫婦はお互いのことなんて呼び合っているのでしょうか?
[PR]
by Fooey | 2009-05-04 10:11 | Husband

さくら

来週の週末から、旦那が日本に1週間ほど滞在します。

来月で、オーストラリアと日本との別居生活を始めて1年です。最近では、結構、一人にも慣れてきましたが、やっぱ、一緒にいる方がいいので、楽しみにしています。

オーストラリアでは、全く花粉症なんてない彼ですが、日本に来ると、花粉症になってしまうので、それが気がかりです。そして、さくらが好きな彼。たぶん、まだ、早いと思うのですが、彼の滞在中に、一緒にさくらを観にいければなと思ってます。
[PR]
by fooey | 2009-03-10 23:53 | Husband