カテゴリ:私のこと( 32 )

Small is cool

最近、娘が寝てからの私の楽しみがこちらのサイトを訪れることです。

前々からインテリア等に興味があって、雑誌や本で「素敵なおうち特集」等読んだり、家具屋さん足を運んだりしていました。ここシドニーでもインテリアやリノベーションには興味があるようで、テレビ番組”The Block”(素人さんが実際に古い家をゼロから改装を始めて、最終的にはオークションで家を売り、最も高いビッドで売れたチームが優勝するというお話し)が放映されていますし、本屋さんに行ってもそういう関連の雑誌をよく見かけます。

でも、テレビや雑誌で掲載されている自宅は、素敵は素敵なんですが、実際に自分がマネできるようなことはほんと少ないような、、、凄い高そうな家具、素敵な家等々お金に余裕があるからこそできることあって、お金のない私にとってはただの妄想で終わってしまいます。が、こちらのサイト掲載されている家は自分でもできるかなと思えるアイディアやヒントが多く掲載されているので、とても実用的です。特にこのSmall is Coolのコンテストでは、主にアメリカの一般宅を公開しています。これを見ていると、家も狭いし、素敵な家具を買えるお金もないしと嘆いている私でもアイディア次第で少しでも素敵な部屋作りができるのかなと勇気づけられます。特に最近は娘の物でただでさえ狭い部屋が物であふれまくっているし、家で過ごす時間も長いのでちょっとづつ努力して素敵な部屋を作っていきたいと思っています。

a0074328_20342616.jpg

こういう感じの部屋にしたいな。
[PR]
by Fooey | 2012-07-06 19:48 | 私のこと

外人ハウス

今日、インターネットを通じて、ある外人ハウスの部屋を予約することが出来ました。

私たちは、日本での生活が落ち着くまでは、この外人ハウスに住むことにしています。

外人ハウスと言っても、外国人が多いわけではなく、ほとんどの住人は、日本人の社会人(もちろん、外人ハウスにもよると思いますが)が多いように思います。海外でよくあるシェアメイトとの生活を日本でもできる場所というところだと、私自身はそう思っています。

外人ハウスの良い点、不便な点は、(個人的な意見として)

良い点、
1、敷金、礼金、保証人なし
2、外国人でも問題なく部屋を貸してくれる
3、必要最低限の家具付
4、友達、知人を作れるチャンスがある
5、電気、水道等の手続きをしなくても済む
6、インターネットアクセス付き

不便な点は、
1、キッチン、シャワー、トイレが共同
2、部屋が狭い
3、家賃が高め(多分、同じ家賃でワンルームが借りれる)
4、建物が古め

何でこんなに良く知っているのかと言えば、シドニーに来る前、実は、私自身が2年半ぐらい外人ハウスに住んでいたからです。外人ハウスに関しては、色々と賛否両論があると思いますが、留学時代で他人との共同生活に慣れている私には性に合っていると思っています。

また、外人ハウスに住むという他の理由として、

1、私の場合、実家が東京にあるわけではないので、家が見つかるまで実家に泊まるということもできませんし、ホテルに長い間、宿泊することもできません。
2、現実の問題として、普通の部屋探しでは、職無し、外国人という私たちの状況は、結構厳しいものがあると思います。
3、職場がまだ決定していない私たちはどこに住みたいというのもわかりません。外人ハウスの場合、短期滞在が可能なので、ここが気に入らなければ、他に簡単に引越しができます。
4、、この外人ハウスを通じて、友達作り(特に旦那)ができれば、一石二鳥です。
5、日本にどのぐらいいるかまだ定かではない私たちにとっては、数年に渡る長期の契約もできません
6、引越しにかかる初期費用があまりかからない(敷金、礼金なし、家具、食器等々を買わなくてすむため)


日本で、ゼロから生活を始めなくてはならない私たちですが、とりあえず、これで住居の問題は解決しました。こうやって、日本での生活も、トントン拍子に運べば、良いなと思ってます。
[PR]
by fooey | 2007-12-27 16:58 | 私のこと

忙しい一日

今日は、忙しい一日でした。

朝は、家具を買って頂ける方が、取りに来ていらっしゃったり、引き続き、次の賃貸人を探すための、Inspection等々があって、二日酔いのため少々頭痛をしながらも、早めに起きて、掃除や荷造りをしていました。

賃貸人の件ですが、先週誰もINSPECTIONに来なかったため、自腹を切って、週末の不動産特集をしている新聞に広告を載せました。主人とお金を払って広告を載せても誰も来なかったら、かなりショックだねと話しながらも、結局、5,6組はInspectionに来てくれました。でも、結局、この物件を気に入ってくれて、申込書までもらってくれたのは、二人だけ。 う~ん、やっぱり厳しい状況は、続きそうです。

お昼からは、日本に帰国するということで、AllieさんとTnkayaさんにお誘いを受けて、バルモラルビーチに行きました。私は、このビーチは、初めてです。

私、恥ずかしながらシドニーに2年と7ヶ月いましたが、多分、この間の98%は、自分が住んでいるSurry HIllsと職場のCityで過ごしていたので、それ以外の場所は、どこ???という状態です。平日は、仕事があるし、週末は溜まっている家事を済ませて、勉強して等々していたら、なかなか出かける機会がなくて、、、もうちょっと気合を入れて、他のところも見に行けばよかったと後悔しています。

a0074328_11134983.jpg

こんな感じで、ボ~ッと海を見てました、、、

近くのお店でFISH&CHIPSを買って、ビーチ沿いで食べて、木影でちょっとばかし昼寝して、天気も良くて、のんびりできて、、、、これぞ、オーストラリアでの贅沢を楽しみました。東京で海を見るのは多分、お台場ぐらいで、多分、ビーチを見るのもこれで当分できないなと思うと、やっぱりもったいないことしたなと後悔です。

そして、夕方は、旦那の友人宅にて、これまた、お別れ会をしてきました。

今週は、私が日本に行く前にご挨拶をということで、色々な方にお会いして来ました。ここシドニーにて、私という存在を知ってくれて、ここを発つ前に会ってくれて、色々とお話ができる時間をもらえて、本当、うれしかったです。

本来は、私は、結構、人見知りが強いし、人との出会いという機会を積極的に作っていくような人間ではありませんでしたが、ここに来たとき、シドニーには主人しか知っている人がいないという厳しい現実を目の前に、これはなんとなかしなくては、、、と思ったのが約2年半前。その甲斐があって、徐々だけど、シドニーで旦那以外に色々な話が出来る友達を作っていけて、ほんとよかったです。

シドニーでお会いできた皆さん、本当お会いできて、よかったです。シドニーは、少々、離れますが、また、将来的には戻ってくると思いますので、今後もよろしくお願いします。
[PR]
by fooey | 2007-12-15 08:40 | 私のこと

私の番

このブログにも何度も書きましたが、私は、2年半前にシドニーに来た当初、毎日落ち込んでました。仕事も、友達・知人も何もなくて、頼みの綱の主人は、昼間は仕事に出かけていたため、誰も相手にしてくれないし、何をしていいのかもわからなくて、毎日、仕事から帰ってきた旦那に、文句ばっかり垂れていました。

それに、とっても、お恥ずかしいことに、その時は、英語を話すことでさえも、めちゃくちゃ、怖がっていて、これまた、旦那に100%頼っていました。ちょっとした問い合わせをしたくても、旦那にこうこうだからと説明して、彼から問い合わせてもらったり、気晴らしに買い物に行って、試着をしたいときにも、彼に店員さんに試着しても言いか聞いてきてという感じに。

今の自分だったら、本当にアホみたいな話ですけど、でも、本当に話すことが怖かったし、何でこんなに所に来ちゃったんだろうって、ずっと思っていて、主人に愚痴る毎日でした。


多分、その当時、主人からしてみれば、私は、本当にウザイ存在だったと思います。せtっかく、仕事から帰ってきたら、暗い顔した私が家にいて、いや、オーストラリアのここが嫌だ、なんで、そうなるの!!って、文句ばっかり言っているし、英語もろくにしゃべれないし、、、、それでも、当時、彼は、そんなウザイ私に文句は、言いませんでした。(多分、彼が文句を言っても、私が逆切れして、また、事が大変になるとあきらてたからだと思いますが)


そして、来月から、私たちは日本でゼロから生活をし直します。

私が、シドニーに来た当初落ち込んでいたように、多分、日本での生活が落ち着くまで多分彼も落ち込むことが多いと思います。それに彼は、日本語が話せないし、その分ストレスも溜まるでしょう。

彼が私の愚痴を黙って聞いてくれたように、今度は、私が彼の愚痴を日本で聞く番です。結構、気が短い私、日本でちゃんと彼のサポートができるかどうか、不安です。(苦笑)
[PR]
by fooey | 2007-12-13 05:02 | 私のこと

シドニーもあと数日なのに、、、

ここ最近は、日本帰国への準備に向けて、バタバタしています。

次の賃貸人探し、家具の売却、中国旅行の手配(日本に帰る前に上海でストップオーバーして2週間ほど旅行するので)、荷造り、皆さんへのご挨拶、色々な手配等々。

私たちの今後の予定として、

21日 私の勤務先最終日、多分、旦那も
24日 シドニーを発ち、ブリスベンに行き、旦那の実家でクリスマスを過ごす。
29日 オーストラリアを出て、上海到着
1月15日 日本到着

なので、シドニーにいるのは、あと10日ほど。

私の希望では、たったと全てやらなくちゃいけないものは終わらせて、残りの数週間はのんびりシドニーを楽しんで、センチメンタルに浸る!!なんて、思っていたのですが、そうはいかず、、、

会社が終わって、帰ってから、荷物の前に、

「う~ん、これはここで処分するべきか、日本に送るべきか、日本に荷物を送るにも、結構高いから、やっぱる送る価値はそんなにないか、いやでも、もったないな、どうしようかな」なんて、考えていたら、あっというまに時間が経って、遅々として進みません。(涙)

なので、毎日、あれしなくちゃ、これしなくちゃと頭が精一杯で、日本に帰国するんだという実感も、シドニーも後数日で発ってしまうという現実も全然、実感がなくて、、、、

とにかく、今週末には、ほとんど終わらせてしまって、残りシドニーでの数日を楽しみたいです!!
[PR]
by fooey | 2007-12-12 10:27 | 私のこと

ケンカ

久しぶりに、主人とケンカしました。

ケンカすると、どうも、冷静になれずに、大声を出して、泣いてしまう私。

FINSIAのテストが終わって、日本にの帰国への準備等々で、ここ数日、テンバッテいました。主人の日本のビザ、中国のビザ、荷造り、家具の売り出し、掃除、皆さんへの挨拶等々あって、仕事が終わった後、徐々にこれらの準備に取り組んでいました。クリスマスの直前に、シドニーを離れるので、今週中に荷造り等々全てを終わらせて、残りの2週間は、ゆっくりシドニーを楽しもうと思っているので、やらなくちゃ、やらなくちゃとテンバッテいる数日です。

そんなテンバッテいる私と反対に、彼は、のんびり。

彼に、あれした、これしたと聞いても、まだ、まだと連発している彼に、だんだん、こっちも腹が立ってきて、「もう、あまり時間がないのよ!!(怒)」「何で、私ばっかりが、やらなくちゃいけないのよ!!(怒)」キレてしまいました。

そしたら、彼は、彼で、「なんで、そんなにストレスを溜めるんだ、まだまだ、時間はあるし、僕もやらなくちゃいけないことはやるし、君のタイムフレームをおしつけないで、僕は、僕のスケジュールでやる!!」

「でも、そんな悠長なことを言っていても、時間がそんなにないのよ。私は、お友達と食事して、お別れを言いたいから、忙しくなるし、二人でも、最後に色々なところに行きたいから」

と言い返しても、いや、まだ、時間はあるの繰り返しで、どこまでも、平行線。

そのうち、言い合いしていてもお互い、疲れるだけだし、そんな時間があったら、さっさと荷造りした方が、合理的ということで、落ち着きましたが、、、

もう、彼とはそろそろ5年と一緒にいるし、やっぱり、○○人は、○○だと決め付けるのはいいことではないとわかっていますが、やっぱ、これは、何でも、早め、早めに、そして、スケジュールどおりに物事を終わらせたいという日本人VSまぁなんとかなるし、最後には、全部うまく行くから大丈夫、のんびりやっていこうというオーストラリア人の気質の差を改めて感じたように思います。
[PR]
by fooey | 2007-12-08 06:37 | 私のこと

数年後

先日の日記にも書いた、メルボルンに住んでいる友達のEが今晩、研修を終えて、メルボルンに帰ります。その前に、もう一度、食事でもということで、近所のタイに行きました。

3年前に東京で一緒にお茶したり、買い物に行ったり、お互いの彼氏のことを相談していた日々が懐かしく、、、そして、こう言ったら悪いのですが、あんまり将来どうしたいと真剣に考えよりも、とにかく、明日よりも、今日を楽しもうという彼女が、今では、フランチャイズを購入して、自分の店を持つ、経営者に。

彼女、成長したなと思いました。

次に彼女に会えるとしたら、多分、数年後。
こうやって、気取りのない彼女と会えるのも、数年先かと思うのもさびしいです。

数年後、私は、きっと35に近い年齢になっており、3歳年下の彼女は32歳。

どこで何をしているかはわかりませんが、彼女に負けないぐらい、自分も成長していたらいいなと思います。
[PR]
by fooey | 2007-12-07 07:05 | 私のこと

日本に帰国

さて、突然ですが、タイトル通り、今月末にオーストラリアを離れて、主人と日本に帰国します。来年からは主人と日本でまたゼロからやり直しです。

国際結婚で悩みのひとつって、どちらの国で生活の基盤を持つかということだと思います。仕事、育児、文化、その国のインフラ等々考えなくてはいけないことがたくさんあるし、多分、どちらの国に住んだとしても、一長一短があると思いますし、ほんと悩みどころだと。

そして、私たちが色々だと悩んだ結果の答えが日本で生活を始めることでした。

理由は、色々とありますが、一番の理由は、私がオーストラリアに一生住むということに覚悟ができなかったことだと思います。というよりも、日本でも生活ができるという選択肢を持ちたい、旦那が日本で就職できないからずっとこの先一生オーストラリアに住まなくてはならないということだけは、絶対避けたいというのが正直な理由です。

でも、そんな理由でせっかく苦労して基いたシドニーの生活を捨てるのは、バカなことではないかと、日本語が出来ない主人が日本で職を探すのは困難なことですし、自分だって、日本で職が見つかるかという不安もありますし、やはり、このままオーストラリアにいる方がいいのかも?等々、ここ数ヶ月ずっと悩んできました。USCPAやFINSIAの勉強もしなくてはならないのに、手がつかないこともあって、悩んでも悩んでもそう簡単に答えが出るものでもなくて、、、精神的にキツイかったです。

でも、やっぱり、私にとっては、このままでは、一生オーストラリアに束縛されなくちゃいけないということだけは避けたくて、、、オーストラリアが大嫌いというわけではないのですが、ここでの生活が後20年、30年と続くのかと思うとやっぱり自分の中では結構引いてしまうものがあります。

外国人の主人が日本で就職することは困難であるというのは覚悟していますが、でも、それに挑戦しなかったら、私きっと数年後、彼に結構文句ばっかり言ってしまうことは目に見えていますし、一度試してみて、駄目だったら、それはそれで納得できるので。

そして、こうやって、また新しい土地でゼロから生活を始めるのも、お互い31歳、年齢的にこれが最後のチャンスということもあって、日本への帰国ということになりました。

シドニーにいられるのもあと3週間ほどです。帰国に向けて色々とやらなくてはいけないことがたくさんありますが、残りのここでの生活を悔いのないよう楽しんでいこうと思ってます。
[PR]
by fooey | 2007-12-01 19:33 | 私のこと

ここ最近は、、、

ここ最近、ブログの更新を怠っていますが、ちゃんとシドニーに戻って、会社に行ってます。

先週末にいちよブログを更新したのですが、多分、試験の手応えの悪さ&疲れ等々で、めちゃくちゃ、ネガティブな内容になってしまい、、、非公開扱いにしています。

さて、試験の手応えは、微妙、、、

でも、自分のできることはやった、ベストは尽くしたと思ってます。

って、そんな自己満足なことを言っていても、結果を出さなくては、意味がないのは百も承知ですが、、、でも、ほんと、自分が出来ることはやりましたという感じです。

結果次第で、その後続けるのか、どうか、考えたいと思います。もし、両方とも駄目だったら、CPAは、もう、そろそろ潮時かなって思います。経済的にもしんどいし、なんか、精神的にも、また、やってやろう!!っていう気力が薄れているような、でも、3科目も合格して(合格期限がきれてしまったけど、)、今までの努力、時間、お金を無駄にするという決断もなかなかできなくて、、、

まぁ、済んだことに今更悩んでもしょうがないし、結果を待ちます。


とりあえず、今は、来週のFINSIAのテストに向けて、やらないと、、、、また、また、時間がないと焦り、そして、先日、課題も返ってきて、思っていたよりも点数が芳しくなく、凹み気味です。テストで挽回しないと、でも、私はテストではなかなかいい点数は取れないし、やらなくちゃ、いけないことはたくさんあるし、今週は、仲の良かった人々たちが会社を退社していくので、その送別会も参加しなくちゃいけないし、、、、

あ~、どうしよう、、、、、、、、

てんばっています。


でも、苦しかった今月もあと1週間ちょっと。とにかく、やれることだけはやっていく!!という心構えでやっていきます。

ということで、ブログの更新の方もテストが終わるまで、お休みさせてもらいます。
[PR]
by fooey | 2007-11-21 04:22 | 私のこと

Facebook

ここ数日、旦那が夢中になっているFacebookというものに、自分も登録しました。

Facebook,まだ、詳しいことはよくわかりませんが、英語版、MIXIというところでしょうか。Myspaceともちょっと違うのでしょうか、、、

でも、ここでは、結構、本名で登録しているし、自分の顔写真も載せています。きっと、どこまで自分のプライバシー公開できるか、ということも、コントロールできるかと思うんですが、まだ、よくわからなくて、ちょっと、そのプライベート公開度??に心配したり、、、

適当に登録手続きをしていると、Hotmailに登録している人たちのアカウントとFacebookを持っている人とのリンクが自動的にされていたことに、びっくりしました。そういえば、マイクロソフトが、Facebookを買収したというニュースを聞いたなと思い出したり、、、

旦那曰く、このfacebookを通して、長い間連絡を取っていなかった高校時代の友達と連絡が取れるんだ、、、 だったら、MIXIと一緒だな、、、でも、私は未だにMIXIもよく使いこなせていません、、、(汗)

とりあえず、旦那は23人、友達がいるようなので、それを目標に友達の数が増えればと思っています。
[PR]
by fooey | 2007-11-03 16:57 | 私のこと