カテゴリ:未分類( 131 )

旅の準備

約半年ぶりにブログを更新したら、有難いことにコメントを頂きました。あまり、コメントも頂く機会も少ないこのブログ。もう、半年ぐらい放置していたので、きっと誰も見てくれないだろうなと思っていたら、コメントを頂いて、、、うれしかったです。それも、全くの赤の他人の私に暖かいコメント。思わず、うれし泣きしてしまいました。ブログを長く(かれこれ、6年近く)やっていてよかったなと思う瞬間でした。


さて、これから日本とヨーロッパ旅行記を簡単に更新していきたいと思います。

ここ3年ぐらい、旦那と一緒にどこか長期旅行に行っていませんでした。私がシドニーに再度戻ってくるまでの2年間の別居期間は、休みがある度にお互いの国を行き来していましたし、私がこちらに戻って以来も、なかなかその機会に恵まれず。そういうことも
あって、今度、そういう機会があったら、彼の行きたいところに長期で旅行にでかけようと考えていました。

今度、旅行に行く機会があったらどこに行きたい?という私の問いに、彼は、アジア諸国以外という答え。ということで、彼が一度も行ったことがないヨーロッパに決定。せっかく、オーストラリアからヨーロッパに行くので、できれば、1か月ぐらい回りたいと思うのですが、彼の休みは、最長2週間半。そういうわけにもいかず、彼にヨーロッパの行きたい都市をいくつかピックアップしてもらうと、プラハとパリということでした。

私にとって、ヨーロッパは、2回目。まだ、ユーロというものが存在していない時。現在、毒舌王と言われている有吉さんが、猿岩石というコンビで進め電波少年という番組でヒッチハイクの旅をしていた時。沢木耕太郎の深夜特急という旅行記に憧れて、大学3回生の夏休みに一人で1ヶ月半ヨーロッパ諸国を回っていました。かれこれ、14年前ぐらいになります。

プラハとパリに行くということを前提で、シドニーから、日本にストップオーバーができれ、ヨーロッパに行ける格安チケットを検索した結果、この基準を満たす、航空会社は、フィンエアーと、スイスインターナショナル。私は、まだ、スカジナビアン半島って、一度も行ったことがないので、ヘルシンキに行けるのもいいかなと思いました。イギリスに留学した際に、ヨーロッパは、一度、そこに行けば、格安航空会社が数社ヨーロッパ諸国を飛んでいるので、移動は、簡単で安いと思っていたんですが、ネットで検索すると結構、飛行機の値段がいい値段がするのに、ちょっとびっくりしてしまいました。

う~ん、ヘルンシキから、パリに飛んで、プラハというのは、2週間半の日程ではちょっと、キツイので、フィンエアーは、今回、却下。スイスインターナショナルであれば、ヨーロッパ諸国の真ん中辺りに位置しているチューリッヒを起点にできるので、パリ、プラハにもアクセスがしやすいということで、こちらを選択することにしました。

次は、チューリッヒからどうやって、プラハ行くということになりますが、ヨーロッパ諸国の旅の仕方は、飛行機か電車。バスは、もうちょっと日程に余裕があれば、いいのですが、今回は、日程が少ないので、却下。前回、ユーロ―パスを使って、旅行した経験があるので、今回も鉄道を使って旅行しようということになり、スイス―チェコ間、ついでに、その間のオーストリア、ドイツを回る4カ国のレールパスを購入しました。最終的に、今回の旅行の日程は、以下の通りになりました。

スイスインターナショナル
シドニー-東京 カンタス共同便 

東京ーチューリッヒ スイスインターナショナル
チューリッヒーパリ スイスインターナショナル

パリーチューリッヒ スイスインターナショナル

鉄道パスを使って、
ウィーン
プラハ
ミュンヘン
フッセン

チューリッヒーバンコク スイスインターナショナル
バンコク― シドニー スイスインターナショナル


宿の方は、ネットで適当に予約していこうと思いました。私の旅のスタイルは、学生時代の一人旅のバックパッカ―が基礎となっているので、とにかく宿は安く上げようという感じで、いつも以下のサイトで確認して、レビューを頼りに選んでいます。以下、私が今回の旅行に参考にしたサイトを上げておきます。

ほんと、世の中、便利になったものです。ネット一つで、ここまで全て旅行の準備ができるなんて。それに私も歳が経つにつれて、旅行に慣れてきたのか、うまく段取りができるようになりました。学生時代の時は、英語も今のように話せなくて、ネットも今程普及していなくて、頼りになるのは、なんとかなるだろうという根拠のない自信と若さと体力だけ。目的地に着く度に、地球の歩き方を片手に、頼りなげにウロウロとしていたのも今では良い思いでです。

今回の旅行で参考にしたサイト
航空チケット
airfaresflights.com - 複数のサイトの値段が一度で確認できるので、便利です。

ホテル
hostel bookers ‐ 予約料金を取らないのでお得。宿泊者からの率直なフィードバックもあって、すごく参考になります。ただ、お値段がホステルということもあって、ひと部屋ではなく、ひとベッドの単位。一人旅には、いいのですが、カップルで一部屋を取りたいときには、ちょっとお値段が高いように思います。
Booking.com - 今回は、旦那と二人旅ということで、こちらの予約サイトを主に使用しました。こちらも、宿泊者からの率直なフィードバックを基にほとんどの宿を予約しました。
[PR]
by Fooey | 2011-07-10 19:01

面接までの道のり

今日は、Outplacement serviceに行って、面接の練習をしてきました。

前の会社から、リストラされた際に、その一環として、outplacement service (転職支援業者のようなもの)を紹介されました。転職支援といっても、再就職を保証するものではないので、最初は、そんなものに行っても、職が得られるわけでもないし、あんまり意味がないでしょと思っていましたが、でも、これと言って他にやることがないので、とりあえず、通い始めました。ここでは、一人づつに担当のカウンセラーがついて、転職をサポートしてくれます。

最初のセッションの際に、泣くつもりなんて全然なかったし、リストラに至った経緯、シドニーに移住してきたこと等々、冷静に話すつもりでいたのですが、途中から涙が止まりませんでした。多分、全くの他人に、それも初対面の人の前であんなに泣いたのは始めてだと思います。 その後は、ちょっと、心が軽くなれたのを覚えていますし、カウンセラーも、ビジネスライクではなく、結構、親身になってくれるので、精神的に助かっています。

今回は、プログラムの一環として、カウンセラーが面接官の役をして、疑似の面接を行い、それをビデオで録画してレビューするというものでした。

英語での面接そのものに対しては、すでに何回か経験しているので、まだ、ましですが、でも、それをビデオで撮影して、自分でレビューするのは、こっぱずかしいです。

なんか、同じことを何度も言っているな、自分のアクセント、発音ってほんと下手だな、私、緊張するとこういう表情するんだ等々の気づき、そして、カウンセラーからも、フィードバックを頂いたので、実際の面接に役立てていきたいものです。

が、残念ながら、その面接の機会をなかなか頂けません。

リストラされてから、この1ヶ月半、ずっと就職活動を続けていますが、厳しいです。Seek やMy Career等の就職活動サイトを毎日チェックして、応募できそうな職にCVを送っていますが、肝心の面接の機会まで至りません。前回は、面接の機会を3社頂いて、その3社の中から仕事を貰えたのですが、今回はエージェントに数回会うだけで、面接の段階まで行けていません。

11月も2週間目に入ってきました。そろそろ、クリスマスを迎えるので、マーケットはどんどん厳しくなってきます。多分、この調子だと、少なくとも、来年の2月まで職は見つからないんだろうなと思ってしまいます。

就職活動の嫌なところは、出口のわからないトンネルをずっと歩いている気分になってしまうこと。いつまで、就職活動するんだろう?本当に職が見つかるんだろう?と不安になりながらも、ずっと探し続けなければならないこと。もちろん、あきらめずに今後も就職活動を続けていくつもりですが、でも、そういうのも、結構、しんどいなと思う日々です。


ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by Fooey | 2010-11-08 19:13

藍の手帳

a0074328_12332171.jpg


あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって、素晴らしい一年でありますように。

更新が怠りがちなブログですが、今年も続けていきますので、よろしくお願いします。

さて、2010年の最初の日ですが、できれば、今日中に新しい手帳に自分の2010年の目標を書いておこうと思います。実質的には、昨日と今日で大したことは何も変わっていませんが、やっぱり、新年を迎えて、気持ち新たな気分に浸れる新年の初日、その年の目標を書くことって、結構、大事なことだと思っています。

私は、昨年に続き、今年も、ほぼ日手帳を使っていきます。昨年は、カバーの色を黒だったので、今年は、色鮮やかなインディゴブルーを昨年から注文しておきました。私は、この手帳に、自分の予定はもちろんのこと、今日、何を食べたか?、お金をいくら使ったか? To do List, そして、そのときの自分の本音も書いてるので、ほんと、人様に見せられません。

昨年書いた目標を見ると、達成できたものもあれば、全然、できないものもありました。達成できなくても、いいから、とりあえず、今年、どんな年にしたいのか、そして、それを言葉で表すという作業自体が、今年の方向性の指南となり得ると思っているので、書いていこうと思っています。今年は、この藍の手帳にどんなことを書いていくのかな。
[PR]
by fooey | 2010-01-01 12:49

Buyer's Agent

家探しを本格的に今年の初めから、始めてそろそろ9ヶ月。まぁ、そう簡単に見つからないだろうし、気長に構えていこうと当初思っていましたが、いざ、始めてみると、これがしんどい。

ネットで物件を確認することは毎日のこと、ここ数か月、物件の見学で旦那の週末は消えています。目ぼしい物件を見つけても、それから色々と手続きをしたり、インスペクションをしたりと、今までに1000ドルちょっと無駄に消えています。

正直、なんか、もうどうでもよくなってきたという感じです。もう、適当に早く決めてしまい、家探しから解放されたいと思いつつも、いやいや、一生の買い物なんだからもっと慎重に色々なことを十分に検討しなくちゃならないと考え直したり、、、

旦那も私も、家探しに嫌気がさしてきたので、Buyer's Agentを利用してみようということになりました。このBuyer's Agent、名の通り、買う側のエージェントなので、バイヤーの希望している物件を探したり、必要な手続きを取ってくれたり、価格交渉をしてくれるという、すごく便利な人たちです。

が、費用が高い!!何件かネットで検索しましたが、その費用は、購入価格の1から2.5% たとえば、500Kの物件だと、10Kになります。できるだけ、安い価格でと思ってるのに、10Kなんて、、、と思っていましたが、でも、もし、このBuyer's Agentのおかげで、2.5%以上のディスカウントになれば、大丈夫かなと、そして、このBuyer's Agentしか知らない物件があるかもしれないので、利用価値はあるかもと考え直しました。

とりあえず、このBuyer's Agentは、最初に手付金を払って、1か月以内にそのサービスが気に入らない場合は、その手付金を払い戻してくれるということなので、トライアル感覚で使ってみようと思っています。なかなかエージェントと連絡がとれなかったユニットの件で、訴訟問題があると教えてくれたのもこのBuyer's Agentでした。
[PR]
by fooey | 2009-08-27 23:23

淡い爽快感

アサイメントが終わってから、やりたかったこと、

美容院に行くこと。

実は、恥ずかしながら、約半年間、髪を切っていませんでした。

昨年末辺りにそろそろ、揃えてもらった方がいいなと思いつつ、、、
年末年始が過ぎ、じゃぁ、オーストラリアから戻った時にと思いつつ、、、
今月はアサイメントでヒーヒー言っていて、、、

思いつつ、、、で半年が過ぎてしまいました。

髪を伸ばしていることもあって、揃えてもらって、全体的に軽くしてもらいました。

そういうこともあって、劇的に髪型が変わったわけでもありませんが、さっぱりしました。

この淡い爽快感、気持ちいいです。

「いくら髪を伸ばしていても、少なくとも3か月に1回は来た方がいいよ」と美容師さんにも言われました。

はい、そのようにさせて頂きます。
[PR]
by fooey | 2009-02-26 22:58

友人の結婚式

明後日から、ちょっとシドニーに行ってきます。

今回は、元同僚の結婚式に参加してきます。

新郎は、同じチームに一緒にいて、彼から色々と仕事を教えてもらっていました。別れたら、めんどくさいから絶対同じ会社の女性とは、絶対付き合わないポリシーだと豪語していたのに、新婦は同じ会社の子。台湾人の彼女は、セーラームーンに出てくるような細くて可愛いくて、おっとりした彼女。

彼に、「どう?A子(新婦)は?可愛いし、性格良いし、絶対、いいと思うんだけど」と言えば、「だから、同じ会社の子とは付き合わない」って、よく言っていたのに。だから、二人が付き合っていることがわかった時は、ほんとびっくりしました。「なんで、教えてくれなかったの?」と聞くと、「だって、絶対、他の人に話すから、、、」 確かに、、、

それから、数ヶ月後、彼は他の会社に転職し、私も日本に戻ってしまいましたが、その後もメールで何度かやり取りをして、昨年、結婚の報告を受けました。

当日は、二人の幸せをちょっと、おすそ分けしてもらって、自分たちも初心に戻れたらいいなと思ってます。
[PR]
by fooey | 2009-01-15 00:07

ロマンチックに、、、

ふと、思えば、今年で結婚生活4年目に突入です。

ここ数ヶ月、ケンカはよくしますが、ロマンティックなことも何にもなく、これからも仲良くやっていけるように、何かしなくては!!という焦燥感があり、ちょっとはロマンチックなことでもと思って、最近、できるだけ、会話の終わりに、Dearと言うように心がけています。 

もうそういう風にお互いを呼ぶことに慣れきっているのであれば、なんでもないことだろうと思いますが、慣れるまでは、なんか、照れるというか、恥ずかしいというか、、、が、やっぱり、自分から率先してやらなくちゃ、相手もなかなかやってくれないのかなと思い、慣れないながらも、呼ぶようにしています。

皆さんは、パートナーさんを何て呼んでいるんでしょうか?

sweety, honey, darling, dear 等々あると思いますが、その中で自分がしっくりくるのはどれかなと考えてみると、なんとなく、dearかなと。これもこれでやっぱり、こっぱずかしいけど、自分の中で恥ずかしい度を勝手にランクすると(恥ずかしい度)、こんな感じになります。

Sweety 95%
Honey 90%
Darling 80%
Dear 70%

最初の三つは、まだ、若い人たちや付き合って間もないで関係の人たちが使っていそう、その中でも、そんな時期はとうの昔に過ぎた私たちが使うのはなんとなくそういう資格がないというか、適切ではないような気がして、、、

でも、なんとなく、Dearだけは、イギリスの老夫婦がお茶を飲んでいるイメージがあり、 おじいちゃんが、おばあちゃんに、dearって言って、一杯の紅茶を進めているシーンが出てきて、なんか、つつましいというか、他の選択肢よりも抵抗感が多少、少ないということで。

とりあえず、やってみて、変化をみていきたいものです。
[PR]
by fooey | 2009-01-14 00:13

あけましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます!!
本年もよろしくお願いたします!!

清水寺の今年の漢字であったように、私にとって、2008年は、「変」でした。

シドニーから日本に戻り、住む国も変わり、話す言葉も変わり、職場も変わり、旦那とも遠距離婚に変わりました。色々な「変」があって、それに自分自身が慣れることに精一杯でしんどい年でもありました。

今年、2009年は、もっと、楽しく生けてゆければなと思ってます。

このブログも初めて、そろそろ4年目?に突入です。今後も、続けていくつもりなので(そして、もっと、ブログの更新も増やしていかなければ)、また、お時間あるときに遊びに来て頂ければ、うれしいです。

このブログに遊びに来て頂いている皆様にとって、2009年が素晴らしい年でありますように!!
[PR]
by fooey | 2009-01-01 00:30

韓国へ

明日、会社が終わったら、まっすぐ成田に向かって、この方に会いに韓国に行ってきます。

韓国は、10年前ぐらいに大韓航空に乗ってどこかに行く際のトランジットとして空港にしか行ったことがありません。残った印象は、空港にでも、なんとなくキムチの匂いがするとしか覚えていなくて、、、ほんと、距離的にはすごく近いのに、私の知っている韓国は、キムチ、アカスリ、焼肉、ヨン様、、、今回の旅行でもっと韓国のことを知れたらと思います。

そして、この数カ月は、仕事、勉強、旦那とのこと、同じことをずっと、グルグルと考えていたので、いい気分転換をしてこようと思ってます。
[PR]
by fooey | 2008-12-04 00:52

Cost and Benefit

ふっ~、やっと通信教育でやっている課題の提出が終わり、ちょっとした開放感に浸っています。
オーストラリアから帰国して、約2ヶ月間、ほとんどの週末と平日の夜は、この課題に取り組んでいたので、やっと解放されてうれしいです。

でも、今回は、統計学を勉強しなくてはならなくて、本当に基礎の基礎のレベルだと思うのですが、数学アレルギーの私にとっては、????ばっかりでしんどかったし、今でも、内容がはっきりつかめてなくて、、、ほんと、改めて数学や統計学なんて大嫌いと心の底から思いました。

この2科目がパスしていると仮定すると、あと3科目取れば、卒業です。

この勉強を始めた当初の理由は、

1、フィナンス関連、金融関連の知識を身につけたい
2、英語の上達 特にwriting
3、金融機関関連の就職に有利になるかな?

でしたが、やり始めてから2年ちょっとが過ぎ、改めて、当初の目的が果たされているのかなと思いました。確かに、ゼロから比べたら、金融関連の知識はちょっとは増えたし、課題を通じて、英語のWritingやReadingもちょっとはマシになったかなと思いますが、でも、これらの‘‘ちょっと‘のリターンに対して、今まで費やしてきた経済的、精神的、時間的コストが見合っているのかなとふと思いました。

以前、本屋さんで、確か、勉強すること自体に満足感を得てたり、自分はこんなに頑張っているという安心感を買うだけならば、意味がないし、将来、勉強したことからProfitが出ないならやめなさいというような趣旨の本を見つけました。

自分は、そうなっていないのかなと考えています。
[PR]
by fooey | 2008-12-02 23:51