2012年 02月 29日 ( 1 )

ひなまつり

a0074328_2016852.jpg


本日、日本から購入した雛人形が到着しました。きっと、郵送中に乱暴な扱いを受けて壊れてしまうんだろうなとドキドキしましたが、幸いにも破損は見当たりませんでした。

オーストラリアに住んでいることもあって、すっかり、ひな祭りのことを忘れていた私。ひな祭りのことを思い出したのも、たまたま日本の方のブログでお雛様を飾ったことが書かれていたのを読んで、「あっ、そういえば」と約1週間前に慌ててオンライン上でお雛様探しを始めました。多分間に合わないだろうなと諦めていましたが、本日届いたのでホッとしています。

通常こういうイベントごとには、めんどくさいから何もやらないという私ですがひなまつりだけは特別です(と言っていても直前まで忘れていたのですが、、、)。というのも理由がありまして。ひとつは、単純に娘の初節句を祝ってあげたいという気持ち、そして、もう一つが私自身がひな祭りを祝ってもらったこともなく、とても淋しい思いをしたのを思い出し、そういう思いを娘にさせたくないなという理由からです。小さい頃、お友達の家に飾られていた豪華な7段のお雛様を見て何で私は祝ってもらえないのかなと思ったのを思い出してしまって、色々と考えてしまいました。

何でも親のせいにしてしまうのは、大人気ないとわかっていますが、でも、両親の離婚等々で私の幼少時代はしんどかったし、できれば、思い出したくない思い出ばっかりです。そういうこともあってか、結婚や子供を持つことがずっと怖かったし、必要以上に育児のことが不安になったり悩んでしまう私。できることなら、娘には自分ようになってほしくないし、これからはたくさんの楽しい思い出を彼女のために作っていきたいと思っています。私にとってはこの雛人形はそんな私の決意が秘められています。

というように、このお雛様には私の様々な思いが込められていますが、でも、娘にとっては私のこういう”重たい”思いなんていらないと言われそうですし、それにこれからオーストラリアで生きていく彼女にとってはひな祭りの存在自体知らずに育っていくかもしれません(できれば、日本の文化のことも知ってほしいと思っていますが、でも、これも私自身の育て方次第ですね)。

とにかく3月3日は娘の初節句を祝ってあげたいと思います。
[PR]
by Fooey | 2012-02-29 20:12 | Daughter