2012年 01月 09日 ( 1 )

予防接種

今日は娘の予防接種のためにGPに赴きました。

オーストラリアでは、生まれたとき、2,4,6,12,18ヶ月そして4歳まで予防接種が強く勧められています。スケジュール表によると、生後2ヶ月では以下の予防接種が行われるようです。

Diphteria-Tetanus-Whooping Cough
Hepatitis B
Haemophilus Influenzae type b (Hib)
Polio
Pnemococcal Disease
Rotavirus

このリストを見て、単純な私は赤ちゃんなのに6回も立て続けに注射されるのは可哀想だなと心配しましたが、実際は、ワクチンが混合されているということで2回の注射と何かの液体を飲むだけでした。

きっと、娘は大泣きしてその後もずっと機嫌が悪いんだろうなと心構えていましたが、思ったよりもスムーズに終わってしまいました。もちろん、注射針を刺された瞬間は大泣きをしていましたが、看護婦さんの授乳をしたら落ち着くわよというアドバイス通り、授乳をするとすぐに落ち着き、寝入ってしまったので、何だか拍子抜けしました。

が、帰宅して娘が起きだすとものすごく大きな声で泣き始めました。何をやっても泣き止まず、そしていつもの泣き方よりも酷かったので、旦那に薬局に行ってPanadolを買ってきてもらいました。赤ちゃんに薬を与えること気が引けましたが、看護婦さんからもPanodolは大丈夫と言ってもらいましたし、泣き叫ぶ娘(多分、痛みか何か、今までにない泣き叫び方だったので)を前にそんなことも言ってられず、とにかくPanadolをあげました。

きっと、ワクチンが効き始めて、体がしんどくなってきたことだと思います。あの小さい体に6種類のワクチンが注入されたのですから、それも当然のことだと思います。その後も疲れたのか、いつもだったら起きている時間でもずっと寝てしまいました。

予防接種の後、風邪をひいてしまったと何人かの先輩ママさんが言っていたのでそれが心配ですがとにかくこれで最初の予防接種は終了。次回は、4ヶ月でまた同じことをするようです。

a0074328_8284027.jpg

娘、お疲れ様でした。
[PR]
by Fooey | 2012-01-09 08:01 | Daughter