日本の絵本

a0074328_19505754.jpg


今日はCustoms Houseの図書館に立ち寄りました。娘の絵本を借りようと思っていたら、日本語の絵本を発見しました。ここの図書館には、日本語のセクションがあって以前からよく利用していました。が、日本語の絵本を見かけたのは今回が初めてです。多分、前から存在していたかもしれませんが、子供がいなかったこともあり、その存在に気づかなかっただけかもしません。

さて、どんな絵本があるのかなと探してみると、子供の頃好きだった「ぐりとぐら」を発見。懐かしさのあまり、その場でじっくり読んでしまいました。そして、私が特に気に入っている「おおきな木」も見つけました。

この作品、子供の頃に読んだ際にはなかなかその良さがわかりませんでしたが、自分自身が歳をとるにつれて、その良さが分かり始め、色々と考えさせてくれる本だと思います。よし、久しぶりに味わって読もうと思っていたら、残念ながら、プラムで寝ていた娘が起き出してしまったので、借りる手続きを済ませて図書館を後にしました。

シドニーという海外の図書館で、子供の頃に好きだった絵本を再度読めることにちょっと感動してしまった今日でした。
[PR]
by Fooey | 2012-06-12 19:23 | Daughter


<< 7ヶ月 6月に突入 >>