母乳育児が軌道に乗る

約1週間ほど前から授乳がちゃんとできるようになりました。

思えば、この1ヶ月ずっとおっぱいのことを考えていました。多分、この35年の人生でこれほどおっぱいについて考えたことはありません。

出産前から授乳がそう簡単にはいかないと色々な本やネットで読んでいたので覚悟をしてましたが、実際、経験してみると大変でした。

娘が生まれた時は、なかなかお乳が出てくれませんでした。

入院中は、両方のおっぱいを40分ぐらいかけて搾乳してもせいぜい20mlだけのお乳しか出ず、その搾乳したお乳を小さなカップで娘に与え、残りの足りない部分は粉ミルクを与えました。その後は哺乳瓶を洗って消毒して、、、1回の授乳だけでもすごく時間がかかってしまい、やっと娘が寝てくれたと思ったら、次の授乳の時間という風になかなか休む時間もなくて。これが今後ずっと続くのかと思うと泣けてきてすごい疲労感を覚えたものです。

出産時に結構な量の出血をしたので、助産婦さんから母乳が出るまで時間がかかるでしょうと言われましたが、退院後は搾乳し続けたおかげか母乳は出てくれるようになり、搾乳の時間もだいぶ短縮できるようになりました。

が、今度は肝心の娘が乳首を吸うことを拒否。色々とやってみましたが、首をブンブン振って拒否。それでも、強制的に吸わせようとすると大泣きしてしまいます。黄疸を経験し、これ以上体重を減らしてはいけないという思いから搾乳した母乳を哺乳瓶で与えていました。哺乳瓶の方が乳首よりも吸い易いため、慣れさせないためにも哺乳瓶で与えるのはよくないとアドバイスをもらいましたが、でも、泣き叫ぶ娘の前にどうすることもできず、、、悶々とした日々でした。

できれば母乳で育てていきたいと思っていたので、こうやって母乳での授乳がうまくいかないのはストレスでした。駄目だったらミルクでも大丈夫、フレキシブルにやっていこうとも考えていましたが、でも、やはり心のどこかで罪悪感というか母乳育児がうまくいかないことで駄目な母親だなと感じていたと思います。

助産婦さんの指導でまずはニップルシールドを使ってちょっとづつ慣れさせていこうということでしたが、これもほとんどうまくいきませんでした。あっ、吸ってくれたと思ったら、ただ口先で遊んでいるだけ、寝てしまったり、もしくは拒否して泣いてしまうということの繰り返し。

正直、だんだんあきらめかけてきて、こんなに嫌がるんだったらもうミルクでいいと思い始めました。また、母乳育児がうまくいかないことにストレスを感じていること事態が良くないと考え直していたこともあり、自分なりにこれだけやったんだからもういいかなと思いつつも、でもまだ完全にあきらめきれず、とりあえず、今年いっぱいは頑張ってみようと自分に言い聞かせました。

そんな矢先、哺乳瓶の準備ができておらず泣き始める娘を前に、駄目でもともと、乳首からの授乳を試してみようとやってみるとなんとできてしまいました。乳首拒否、もしくは乳首を吸ってもうまく吸えなかった彼女がちゃんと吸えるように!!!

ほんと不思議なことにあんなに苦労していたことが何故か急にできるようになりました。これは1回限りの奇跡でまた乳首を拒否されんだろうなと思っていたらその後も何故かうまく吸ってもらえるようになりました。今では添え乳までできるようなり、随分楽になりました(特に夜中の授乳)。それに授乳の時にはこうやってパソコンに向かうこともでき時間を有効に使えるようになりました。母乳育児がうまくいかないことへのストレスもなくなり、ちょっとづつ育児が楽しいかなと思える時も増えてきました。

最近、思いますが育児ってほんと予想がつきません。以前だったら、前々の経験からこうくればこうなるだろうと予想できてましたが、でも、娘にはそれができません。今までずっとできなかったから今後もできない、もしくはまだまだ時間がかかるであろうと思っていた乳首からの授乳が突然できるようになったり、ずっと泣き続けている娘にどうやって泣き止ますことができるんだろうと考えていたら突然泣き止んで寝てしまったり等々、そこにはロジックなんかなく、なんでそうなるのと突っ込みたくなるようなことばかりです。育児にはロジックが当てはまらないということを痛感している今日この頃です。
[PR]
by Fooey | 2011-12-29 10:16 | Daughter


<< 彼女から教わること 最後のクリスマス >>