体重増加

a0074328_12153190.jpg

(生後3週間ちょっとで哺乳瓶を自分で持ってしまう娘。)

娘は2730gで生まれました。

その後、体重が10%以上減少し、黄疸になってしまいました。また、入院中はたくさんの助産婦さんに娘は小さい、小さいと言われ続けたこともあって、黄疸になってしまった時には、出産時にあそこの部分が切れてしまうのを恐れていた自分は小さく生まれてきてほしいなと思った自分自身に罪悪感を感じたものです。小さいから母乳を吸う力があまりない→体重減少→黄疸になってしまったという思考回路だったので。

そんな娘も退院時には、2600g辺りまで体重が回復し、その後、3105g、3440gと順調に体重が増加しています。

が、それもそのはず。わが娘の食欲に感心してしまいます。

助産婦さんから教わった1日のミルクの量の公式で出てきた量を大幅に超える量のミルクを娘は毎日飲んでいます。公式によると、(150X体重kg)÷一日のミルクを上げる回数で計算します。例えば、体重が3Kg,一日ミルクを毎4時間あげるとして6回。(150X3) ÷6で、一回にあげる量、75ml、一日の合計450mlとなりますが、娘は500ml以上を軽く飲んでいます。

そんな娘が、時には、赤ちゃんではなくて母乳飲みマシーン、そして私は搾乳し続ける牛のように思えてきます。車と同じでガソリンの変わりに搾乳した母乳を数時間ごとに注入。燃費の悪い車のようにあっという間に母乳がなくなってしまって次々と母乳を足していかないといけない、、、それも24時間体制で。

未だに授乳が軌道に乗っていないので、毎回の授乳の度に搾乳して(手動式のポンプ)、哺乳瓶を洗って消毒しています。時間もかかるし、めんどくさいし、特に夜中の授乳の際はほんとしんどいなと思ってしまいます。

が、でも、こうやって体重が増加していることは自分の努力がちょっと報われているような気がしてうれしいです。子育てはなかなか仕事のように結果を数値化することはできませんが、体重増加の数値はある意味私の努力の結果。

退院してからずっと搾乳した母乳でやり続けていて、もうやってられるかと投げ出したくなるときもあります。でも、このように順調に体重が増加し娘が元気でいることは今でやっていることの成果が出ていると思って、それを励みに今日も搾乳していこうと思います。そして、いつかは授乳がうまくいくことを願いつつも。
[PR]
by Fooey | 2011-12-16 11:51 | Daughter


<< ばんざい 世界は回る >>