日本、ヨーロッパ旅行記 2011 バンコクの空港で

日本、ヨーロッパ旅行記 2011もこの記事の更新で終わります。

夜22時にぐらいにチューリッヒを出発して、バンコクに着きました。バンコクでは、空港で数時間のトランジットのみです。できれば、バンコクも5年ぐらいは訪れていないので、チャオプラヤー川を眺めながら、一杯なんていいなと思ったのですが、実際にバンコクに着くと、その暑さと湿度に負けてしまい、やっぱり、このままシドニーに戻ってもいいかもと考えなおしました。

前回のタイ旅行で使い残していたバーツを使ってしまうためにも、空港内のレストランで軽い食事を。

a0074328_1930450.jpg

パイナップルフライドライス

a0074328_19304253.jpg

SINGHA Beerで一杯

私は、やはり、アジアの国が落ち着きます。アジアの人に囲まれて、米を食べる。それが一番自分に合っているんだなと思いました。

長らく続けてきた日本、ヨーロッパ旅行記 2011ですが、これで終わりです。今回の旅行は、本当にいい気分転換になりました。昨年末に仕事を失って以来、それなりに就職を探し続けましたが、全く結果が出せないままでした。仕事がないので、どうしても、日中は一人で家に閉じこもってしまい、時間だけはたっぷりあるので、あ~、なんで仕事が見つからないんだろう、何をしているだろう、これからもずっと仕事が見つからないのか??と焦りと自己嫌悪と不安の間を循環していました。それがしんどくて、、、

でも、旅行をしていれば、毎日、何かしらやることがあり、旦那が終始一緒にいてくれるので、ネガティブ思考に陥ることも少なかったような気がします。あ~、こんなにネガティブ思考になっていても、しょうがない。もっと、ポジティブになって色々と行動を起こさなくては!!と自分に叱咤激励をしながらも、でも、現実はなかなか好転せずに、また、落ち込んでしまって、ネガティブスパイダルに突入。そんなことを繰り返していたので、本当にいい気分転換になりました。

さて、シドニーに帰国後、もしかしたら、私たちが飼っている猫Oscar とAbbeyに私の存在を忘れられているかもと心配しましたが、その心配も杞憂に終わり、以前と変わらずに接してくれました。旅行中は、旦那の友人に面倒を見てもらっていたのですが、彼がいつもよりも餌を与えていたのか、2匹ともお腹のお肉が倍増、サイズも大きくなったような気がします。 また、帰国から2週間ぐらいは、時差ボケを解消するためか、どれだけ寝るの?と自分自身に問いたくなるほど、昼も夜も寝ていました。このときばかりは、仕事してなくてよかったと感謝しました。

ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by fooey | 2011-08-06 19:27 | Travel


<< 現実を直視するということ 日本、ヨーロッパ旅行記 201... >>