日本、ヨーロッパ旅行記 2011 パリ Vol6

長々と続けているパリ編ですが、今回が最終回です。

パリ、最終日の5日目は、オルセー美術館を見て、午後から次の目的地チューリッヒに向かうため再度シャルル・ド・ゴール空港に戻り、夕方のフライトでパリを出ます。

そうそう、この日は、ちょうど、ウィリアムとケイトの結婚式の日でした。ホテルにあったフランス語の番組しかやらないテレビでも、さすがに英国のロイヤルウエディングが気になるらしく、生中継をやっていました。ウィリアム、若いのにどうしてそんなに髪が薄くなってしまったのか、とどうでもいいことを心配しながらも、中継をみていました。

すごく偶然ですが、前回、ヨーロッパを旅行したとき、12,3年前になりますが、ウィリアムの母、ダイアナ妃がパリで事故死して、この旅行をしているパリのどこかでダイアナさんが亡くなってしまったんだとすごく印象に残っていました。すごい偶然ですが、そn前回、パリに来た時に、ダイアナさんが亡くなられて、2回目のパリ旅行に今度はその息子のウィリアムが結婚式を挙げ、それをパリの安宿でテレビ中継で見るなんて、何か縁があるのかもと思いつつ、テレビを眺めていました。

a0074328_13545748.jpg

せっかく、良い写真を取ろうと、重たいレンズとカメラを持参しましたが、オルセー美術館は、館内が写真撮影禁止ということで、その機会はまったくなし。 こちらの美術館、マネ、モネと有名な印象派の作品もありますし、ゴッホ、ゴーギャン等の作品もあります。これらの作品はお好きな方はお勧めです。写真は、セヌ―川クルーズの際に撮影したオルセー美術館。元は、駅だったようで、それを改築して、美術館としてオープンしているようです。

パリ滞在中は、天候にも恵まれ、とっても暖かい日が続いたのですが、最終日は、雨模様の曇り。気温も低く、それでも、やっぱり、オルセー美術館の前にも長蛇の列。この時も、雨がパラパラと降っている中、待ちました。美術館鑑賞後、お腹も空いたこともあるし、寒いし、どこか近くの場所で食事をということで、近場のレストランに向かいました。

a0074328_1433015.jpg

疲れ切った旦那。暖を求めて。

パリに滞在中、おいしいコーヒーを求めて、色々な場所を試してみましたが、残念ながら、これ!!と思えるものにお目にかかることができませんでした。

a0074328_145352.jpg

こちらのカプチーノ。このオルセー美術館近くのレストランで、頼んだものですが、最悪でした。すごく水っぽくて、、、それでも、お値段、1杯EURO6.5日本円750円ぐらいでしょうか。オルセー美術館の近くという立地、観光客相手の商売なので、ぼったくられるのはしょうがないと思いつつ、このまずいカプチーノにその値段!!とちょっと腹が立ち、記録のために写真も取りました。 うーん、ほんとまずかった、、、コーヒーは、断然シドニーの方がお薦めです。

a0074328_1411379.jpg

さて、食の町、パリに5日間滞在し、一番私にとっておいしかったのは、この写真での食事。ガイドブックにも載っていない、たまたま、泊まっていた安宿の斜め前にあったチャイニーズレストラン。ここ数日、ずっと、フライスパンのサンドイッチやお肉料理等々で、お米、アジア料理に飢えていた私にとって、久しぶりに食べた、焼き飯、小龍包、コーンスープがすごくおいしく感じて、私は、やっぱり米!!だなと思いました。

せっかく食の町パリに来たのに、ちょっと体調を壊してしまって、ワインもチーズもこれぞパリ!!というように食を楽しむということがあまりできなかったなとちょっと後悔しながらも、パリを後にしました。、

ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by Fooey | 2011-07-26 14:15 | Travel


<< 日本、ヨーロッパ旅行記 201... 日本、ヨーロッパ旅行記 201... >>