お気に入りの一枚を。

結局、イスターンブルには、昨日の午後3時について、それからホステルについて夜の7時ぐらいには寝てしまいました。やっぱり、疲れていたんでしょうね。

で、結構な時間、寝ていたので、体力的にも回復して、本日は、カーペット屋さん、7軒ぐらいを回っていました。今回のトルコ訪問の一番の目的は、カーペットを買うこと。それを他の人に言うと、えっ、カーペットを買うためにだけにわざわざトルコまで行くの?って言われてしまいます。もちろん、9年前ぐらいに一度訪れて、トルコを気に行ったのでまた行きたいと思ったのも一つの理由ですが、やっぱり、カーペットを買いに来たのが一番の理由かな。

さて、カーペットを買うのに一番の問題は、果たして支払ったお金に対してそれなりの価値があるのだろうかということです。カーペットは、好きですが、でも、私は素人。カーペットの相場もよくわかりません。ということは、カーペット屋さんからみれば、私は、絶好のカモ。もちろん、良心的なカーペット屋さんもたくさんあると思いますが、でも、大した価値のないカーペットを高額な値段で買わせるという問題も起きているのも事実。それに、私は、女の一人旅、用心にこしたことはありません。

そういうこともあって、じゃぁ、できるだけ自分がぼったくれないようにするには、自分自身が賢くならなければなりません。ということは、できるだけ、数多くのカーペット屋さんをまわり、値段の相場を知り、数多くのカーペットを見ていく。もちろん、日数は限られているので、限度はしれてますが、、、

ということで、だいたいの相場は掴めてように思います。値段の差も、結構、激しくて、一番高いところから、安いところまでの差は、US1000ドルは違ったかな。特に値段の交渉は、駆け引きが重要になってくるので、そういうのも場数を踏んでいかないといけないし。

お店に入って、色々な商品を見せてもらうと、お茶でもどうかと飲み物を提供してくれます。で、お茶を飲みながら、カーペットの品質を聞いたり、このデザインにはどんな意味があるのか、はたまた、ビジネスの調子はどうか?、ワールドカップの話等世間話をして1時間弱。そんなやり取りをしていると、カーペット屋さんも色々あるなとしみじみ思いました。やっぱり、安い買い物ではないので、感じのいい所で買いたいし、中には、最悪な対応をするところもあったりと。そういう意味でも結構興味深いです。

a0074328_2126521.jpg


今回、探しているのは、アフガンカーペット。こんな感じの物です。写真では、うまく色が撮影できてないんですけど、深いこの赤色がいいんですよね。もう、10年前ぐらいになりますが、アフガニスタンを訪れた際、あるアフガンのお家に招待されて、そこには、床、壁、天井までこの赤の絨毯で覆われている部屋があって、本当にきれいだったなとあれからあの赤が忘れられません。

ということで、お気に入りの一枚を見つけるまで、カーペット屋さんを訪ねるつもりです。


ランキングに参加しました。ここ↓をクリックして頂けると励みになります。m(_ _)m

人気ブログランキングへ

[PR]
by Fooey | 2010-06-28 21:25 | Travel


<< 今日の猫さん@イスタンブール その1 ドバイ空港で >>